ペイントプロテクションのサービス

ペイントプロテクションについての情報が満載です!

ペイントプロテクションのタイプ

ペイントプロテクションのタイプ ペイントプロテクションはスーパーカーなどに使われていました。
しかし、近年ではスプレーやフィルムなど様々なタイプの手法が市場に出回っているので、多くのショップで取り扱うようになっています。
フィルム型は現在でも高級車を中心に採用されている手法で、ボディが傷つきにくいようにするのに役立ちます。
スプレー方式のペイントプロテクションは、フィルム方式とは違って塗装ブースを必要としますが、細かな箇所まで塗布する事が出来る為、隅々までプロテクションを付加させる事が可能になります。
複雑な形状のパーツまでもプロテクションを追加出来る為、飛び石や砂利などが飛んできても傷がつきにくい、強い車を生み出せます。
いずれの方法を使うかは、車のユーザーの好みや施工会社の対応状況によって変わってきます。
フィルム方式のペイントプロテクションとスプレー方式のペイントプロテクションは、飛び石や砂利などによる傷がつくのを防ぐのに欠かせない物です。

塗ることで車体を守るペイントプロテクション

塗ることで車体を守るペイントプロテクション 車のオーナーにとって、傷や汚れの付着というのはとても気になるところです。
そこで車体を守る方法としてプロテクションフィルムが普及しています。
そのプロテクションフィルムに近いペイントプロテクションというのは、フィルムを貼るのではなく特殊な薬剤を塗ることで車体の表面を守る薄い膜をつくります。
車の種類によっては複雑なフォルムになっていることもありますが、貼るのではなく塗るペイントプロテクションであれば隙間なく施工できます。
また、貼り合わせないということは、継ぎ目は存在しないので車にとって重要となる見た目を損なわずに済みます。
そして事故で傷がついてしまったとき、板金塗装をするのにペイントプロテクションが邪魔になったならばすぐに剥がせます。
耐久性に優れていることも魅力で、自己修復できる性能もあるので多少の傷ならば、自然に元通りになります。
ですから、一度施工すれば長く効果が持続します。
ただ、問題もあって塗装を完璧にするためには部品を取り外す場合があります。
それに剥がせるといっても、引っ張ったら千切れてしまうのでフィルムほどスムーズにはいきません。
時間がかかる作業になることは理解しておきましょう。