ペイントプロテクションのサービス

プロテクションの厚さ

プロテクションの厚さ

プロテクションの厚さ 特殊なフィルムを貼り付けて車体を守るペイントプロテクションは、傷がつきにくくなったりするなどのメリットがあります。このときに使うフィルムの厚さは0.15mmから0.20mm程度となっており、それほど分厚いフィルムだというわけではありません。
ただある程度薄いのですが、強度はかなりあるので、小石や洗車傷などから十分車体を守ることができます。もちろん汚れなども防ぐことができるので、薄いフィルムではありますが、その性能は十分なものだといえます。ボディを守る施工方法としてはカーコーティングもありますが、この場合、コーティングによってできた被膜の厚さは大体0.3μ程度です。
しかしペイントプロテクションで利用するフィルムは前述したように0.15mmから0.20mmと、コーティングと比べると分厚くなっています。そのため、コーティングと比べても強固な状態となっており、小石や虫などボディを傷つけてしまう可能性がある外的要因からボディの表面を十分守ることができます。

ペイントプロテクションフィルムの仕上がり

ペイントプロテクションフィルムの仕上がり ペイントプロテクションフィルムは日本語で言うと塗装保護フィルムです。これは透明フィルムを貼ることで素晴らしい仕上がりになるというものです。
例えば古くてツヤのなくなった車でも、これを貼ることで、新車のような光沢になります。雨が降っていても非常に強い撥水性を発揮しますので、もうガラスコーティングをする必要はありません。
またペイントプロテクションフィルムは、道路のアスファルト等のタールが付着するのを防いでくれます。車が出す排気ガスにも油が含まれていますが、これを防ぐための撥油性能も強化されています。自動車というものは整備作業中やガソリンスタンド等、様々な油汚れが付く可能性があります。
それらの油には自動車にシミを付ける原因になります。そんなことを考えてペイントプロテクションフィルムでは、撥油性能だけでなく耐溶剤性能も強化されました。これは今までになかった次世代のキズ防止と修復の機能を持つ、素晴らしいものです。